マクロ経済

【失業率】定義・意味や日本・海外での現在の推移、上昇や下降の原因などを解説!

hensyubu

失業率とは?計算方法などをわかりやすく

皆様は、失業率という用語を聞いたことがありますか?

文字の通り失業者の割合を示す指標ですが、失業率の推移はその時々の経済状況を示す指標の1つとして、重要なデータとして位置づけられています。

今回は、そんな失業率の定義や上昇・下落の原因などを解説していきます。

スポンサーリンク

失業率とは?

失業率とは、労働市場の状態を示す指標の一つであり、全労働力人口に対する失業者の割合を示します。この指標は、経済の健康状態を理解するために非常に重要です。失業率が高いと経済活動が停滞し、消費や投資が減少する可能性があります。逆に、低い失業率は経済が好調であることを示し、労働者の収入が増え、消費活動が活発になる傾向があります。

失業率の基本概念

失業率は、労働力調査によって得られるデータを基に計算されます。失業者とは、働きたいと思っているが職を持っていない人々を指します。これは単に職がないだけでなく、積極的に職探しをしているが見つからない状態を含みます。また、失業率は労働市場の供給と需要のバランスを示す指標としても重要です。

失業率の計算方法

失業率の計算方法は、失業者数を労働力人口で割り、その結果を百分率で表します。

例えば、失業者数が100万人、労働力人口が5000万人の場合、失業率は2%になります。この計算は単純ですが、正確なデータ収集と解析が必要です。また、各国や地域によって失業の定義や調査方法が異なるため、失業率の国際比較には注意が必要です。

失業率における失業の定義

失業の定義は、国や調査機関によって若干異なる場合がありますが、基本的には働きたいと思っているが職がない人を指します。これは経済活動の一部として重要な要素です。特に若年層や高齢者の失業率が高い場合、その社会的影響は大きくなります。失業は個人の生活だけでなく、家庭や地域社会全体に影響を及ぼす問題です。

労働力人口の定義

労働力人口とは、一定の年齢以上で働く意思と能力がある人々を指します。これは、失業者と就業者を含む総数です。労働力人口の定義には、労働市場に積極的に参加している人々だけでなく、一時的に職を探していないが働く意思がある人々も含まれます。また、労働力人口の規模は経済の規模や人口動態に大きく依存します。

失業者と非労働力人口の違い

失業者とは職を探しているが見つからない人々であり、非労働力人口とは働く意思や能力がないため労働市場に参加していない人々です。この違いは、労働市場の分析において重要です。例えば、専業主婦や学生、高齢者は非労働力人口に分類されます。非労働力人口の増加は、労働力供給の減少を意味し、長期的な経済成長に影響を与える可能性があります。

日本の失業率の推移

日本の失業率は、戦後から現在まで多くの変遷を経てきました。特に経済成長期や不況期には大きな変動が見られます。失業率の変動は、国内外の経済環境や政策の影響を受けます。また、雇用形態の変化や労働市場の柔軟性も失業率に影響を与える要因です。

戦後から現在までの変遷

戦後の日本は、高度経済成長期を経て失業率が低下しましたが、1990年代のバブル崩壊以降は失業率が上昇しました。その後の景気回復や経済政策により、失業率は再び低下傾向にあります。2008年のリーマンショックや2020年の新型コロナウイルスのパンデミックは、失業率に一時的な上昇をもたらしましたが、政策対応や経済の回復により改善しました。

最近の失業率(2024年)

2024年現在、日本の失業率は歴史的に低い水準にあります。しかし、少子高齢化や技術革新の影響で、今後の失業率の動向には注視が必要です。特にAIや自動化の進展は、一部の職業を消滅させる一方で、新たな雇用機会を生む可能性があります。これに対して、労働市場の柔軟性や再教育プログラムの充実が重要となります。

各国の失業率比較

各国の失業率を比較することで、世界経済の状況や国ごとの労働市場の特徴を理解することができます。国ごとの政策や経済構造の違いが、失業率の差異を生む要因となります。また、国際的な経済連携や貿易も各国の失業率に影響を与えます。

主要先進国の失業率

主要先進国、例えばアメリカやドイツの失業率は、日本と同様に低い水準にあります。これらの国々は、労働市場の柔軟性や政府の経済政策が影響しています。例えば、アメリカでは労働市場の柔軟性が高く、失業期間が比較的短いです。ドイツでは職業訓練制度が充実しており、労働者の再就職がスムーズに行われています。一方日本ではハローワークなどの仕事斡旋の場であっても、なかなか仕事をもらえないことが多い現状があります。

新興国の失業率

新興国では、経済成長にもかかわらず高い失業率が見られることがあります。これは、労働市場の整備や経済構造の変化が遅れていることが原因です。例えば、ブラジルやインドでは、経済成長が続いているにもかかわらず、都市部と農村部の経済格差が大きく、失業率が高い状態が続いています。また、若年層の失業率が高いことも新興国の特徴です。

失業率が上がる要因

失業率が上がる要因は様々ですが、主に経済不況や技術革新、産業の変化が挙げられます。これらの要因は、労働市場の需給バランスを崩し、失業を引き起こします。また、国際競争の激化も一因となることがあります。

経済不況

経済不況時には、企業が雇用を減らすため失業率が上がります。これは、消費の減少や企業収益の悪化が原因です。例えば、2008年のリーマンショックでは、多くの企業がコスト削減のために従業員を解減する措置を取り、結果として失業率が急上昇しました。不況時には、新規雇用が減少するだけでなく、既存の雇用も危険にさらされることが多いです。さらに、消費者信頼感の低下や投資の減少も失業率の上昇を助長します。経済不況時には、企業が雇用を減らすため失業率が上がります。これは、消費の減少や企業収益の悪化が原因です。例えば、2008年のリーマンショックでは、多くの企業がコスト削減のために従業員を解減する措置を取り、結果として失業率が急上昇しました。不況時には、新規雇用が減少するだけでなく、既存の雇用も危険にさらされることが多いです。さらに、消費者信頼感の低下や投資の減少も失業率の上昇を助長します。

技術革新と産業の変化

技術革新や産業の変化によって、特定の職業が不要になり失業率が上がることがあります。例えば、機械化や自動化が進むことで、従来の労働が不要になる場合です。産業構造の変化に対応できない労働者は、新たな技能を身に付ける必要がありますが、それが容易でない場合、失業が長期化する可能性があります。また、これに伴い職業訓練や再教育の必要性が高まります。

失業率が下がる要因

失業率が下がる要因としては、経済成長や政府の政策が大きな役割を果たします。これにより、労働市場が活性化し雇用が増加します。さらに、社会的な変化や新技術の導入が新しい雇用機会を創出することもあります。

経済成長

経済が成長することで、企業が新たな雇用を生み出し失業率が低下します。経済活動が活発になると、労働需要も増えるからです。例えば、新規産業の発展や既存産業の拡大が進むと、労働市場に新しい仕事が生まれます。特に、中小企業の成長が雇用創出に寄与することが多いです。

政府の政策

政府の政策、例えば公共事業や労働市場改革は、失業率の低下に寄与します。これらの政策は、雇用創出や労働条件の改善を目的としています。例えば、インフラ整備や再生可能エネルギーへの投資は、多くの新しい雇用を生み出します。また、労働市場の規制緩和や職業訓練プログラムの充実は、労働者の雇用機会を増やします。

まとめ

失業率は経済の健康状態を示す重要な指標です。失業率の動向を理解することで、経済の動きや社会の変化を読み解くことができます。この記事を通じて、失業率についての基本的な知識を身につけていただけたでしょうか?

参考になるサイト

スポンサーリンク
著者について
政経百科編集部
政経百科編集部
監修者
政経百科は日本最大級の政治経済解説サイトです。様々な政治経済や社会に関する情報を提供し、読者の皆さんに理解や共感を届ける情報をお届けしています
記事URLをコピーしました