文化・歴史

【MBTI診断】特徴や意味、批判、社会への影響を解説!意味ない?

hensyubu

MBTI・16タイプ性格診断とは?くだらない?

最近主に若者の間で話題になっているMBTI。診断したことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし一方でMBTIとは何なのかよく知らない方もいると思います。今回はMBTIとは何なのか解説していきます。

スポンサーリンク

MBTIとは?

MBTIは、一人ひとりの性格を心の機能と態度の側面からみたものです。それらは、「ものの見方(感覚・直観)」と「判断のしかた(思考・感情)」及び「興味関心の方向(外向・内向)」と「外界への接し方(判断的態度・知覚的態度)」の4 指標であらわされ、16 タイプに分類してとらえようとします。MBTI は、16タイプそれぞれの強み、特徴、そしてその人の今後の課題を整理し、個人の成長や人と人との違いを理解し、周囲の人との人間関係作りにも役立てることができます。

MBTIの分け方

MBTIの診断結果は4文字のアルファベットの羅列で表されます。文字は8種類あり、それぞれに意味があります。ここではそれぞれの文字の意味について見ていきましょう。

EとI

EとIは興味や関心など、エネルギーの方向性を示します。「外向型(E:Extraversion)」は社交的で、人や活動からエネルギーを得ることを好み、周囲の人や環境を重視します。「内向型(I:Introversion)」は前に出たくない性格で、エネルギーを内省や単独での活動から得る傾向があり、自己の内面や個人的な価値観を重んじます。

NとS

ものの見方や認識のスタイルを意味します。「感覚型(S:Sensing)」は現実重視タイプで、具体的な事実やデータに基づいて、物事を冷静に捉える能力があります。「直観型(N:Intuition)」は理想主義タイプで、可能性や将来の展望に目を向け、目に見えない要素や未来の展望に深い関心を持ちます。

TとF

判断や意思決定の基準を示します。「思考型(T:Thinking)」は論理重視型で、判断を下す際に論理や客観性を重視し、事実や原則に基づいて冷静に決断を下す傾向があります。「感情型(F:Feeling )」は感情重視型で、判断を下す際に人間関係や感情を重視し、調和や共感を大切にする傾向があります。

PとJ

外部環境とのアプローチや態度を示します。「判断型(J:Judging)」は計画的で組織的なアプローチを好み、効率的に決断を下すことを重視します。「知覚型(P:Perceiving)」は柔軟性と適応力に優れ、臨機応変に対応できます。規則が苦手で、流れに任せた余裕のあるアプローチを好みます。

MBTIの社会への影響

MBTIは人間関係に大きく影響します。人々の性格タイプによって、コミュニケーションのスタイルや価値観、意思決定の方法が異なり、これらの違いが人間関係の中での相性や摩擦の原因となることがあるからです。特に、異なる性格タイプの人々が共同で作業する場合、意見の対立や誤解が生じる可能性があります。また、MBTIは就職活動にも役立つと言われています。自分の適職を見つけたり、自分の性格を端的にアピールできたりするため、面接などでMBTIが用いられるケースもあるそうです。

MBTIへの批判

MBTIは世界中で人気がありますが、一方で一部の心理学者などから批判を受けています。MBTIのどのような要素が人々の批判を集めるのでしょうか。

科学的根拠の欠如

MBTIは統計的手法や厳密な科学的研究に基づいて開発されたわけではなく、性格の分類も曖昧で一貫性がありません。多くの心理学者は、性格を二分するタイプ論は人間の複雑な性格を正確に表現できないと指摘しています。

信頼性と一貫性の問題

研究によると、MBTIで同じ人が異なる時点でテストを受けた場合、一貫した結果が得られないことがしばしばあります。具体的には約50%の人が、再テスト時に異なる性格タイプに分類されることが明らかになっています。

研究との乖離

心理学の現代的な理解と研究は、性格をより流動的で多面的なものと見なしています。

しかし、MBTIは性格を限定的なカテゴリーに押し込めることにより、このような視点とは大きく異なります。

実用性の限界

MBTIは人事選考やチームビルディングのツールとして広く使われていますが、その有効性については疑問が投げかけられています。性格タイプに基づく仕事の適合性やチーム内の相互作用を決定することは、科学的根拠に乏しいと考えられています。

MBTIへの向き合い方

MBTI診断とは、客観的に自分を分析するのに効果的です。しかし、すべての人が診断結果に納得するわけではありません。一部の人は診断結果が当たっていないと感じる可能性があります。このように、MBTI診断の結果は確実なわけではないため、あくまで参考程度に捉えておきましょう。特にマネジメントにMBTI診断を導入する場合は、過度にMBTI診断の結果に重きを置かないことが大切です。

まとめ

MBTIは若者の間で流行っていましたが徐々に社会に進出し、社会全体に影響をもたらしています。簡単に自分と向き合える手段ではありますが、その結果に振り回されないことが大切となっています。

参考になるサイト

アクリル 携帯ストラップ 送料無料 MBTI 推し活 キーホルダー 韓流 アクセサリーチャーム アクセサリー パーツ プレート 写真映え 飾り 推し 推し活グッズ SNS インスタ ペア お揃い 彼氏 彼女 友達 ギフト プレゼント
スポンサーリンク
著者について
政経百科編集部
政経百科編集部
監修者
政経百科は日本最大級の政治経済解説サイトです。様々な政治経済や社会に関する情報を提供し、読者の皆さんに理解や共感を届ける情報をお届けしています
記事URLをコピーしました