学校教育

【部活動廃止議論】メリットデメリットと地域移行の現状

hensyubu

教員への負担、少子化、勝利至上主義!?「部活動廃止」について

多くの大人が経験したであろう部活動。

子ども達が人間関係や礼儀などを学ぶ機会である一方で、教員の休日出勤などの課題もあります。今回は、部活動廃止議論と教員の働き方改革、地域移行の現状をみていきます。

スポンサーリンク

部活動の役割

部活動では、子ども達が人間関係や礼儀など学力以外のことを学ぶ場として、学校教育の現場で長く重要視されてきました。

2020年に行われた中高生の子どもを持つ母親を対象にしたアンケートでは、約8割が部活動に加入している結果となりました。

部活動を通じて得たものとしては、上から「友人・仲間」「基本的な生活習慣」「人間性(思いやり)」「社会人基礎力」と続きます。学力以外の面で子どもの成長を支え、クラス以外の人間関係を構築する場と考えられているといえるでしょう。

多くの大人が、部活動の役割を認めていて、その重要性を理解しています。しかし、そんな部活動にも課題があります。

現状の部活動の課題

近年あげられる部活動の課題は主に2つです。

1つ目は、少子化や過疎化によって十分な活動を維持する生徒・児童数を確保できないことです。やりたい部がなくなってしまった、人数が揃わず試合に出られないといった子ども達も多くいます。

2つ目は、教員の負担です。授業終了後や休日に部活動の指導を行い、残業時間の増加や長時間労働につながっています。また、競技経験のない部の顧問を受け持つこともあり、指導力・技術力の面でも適切かといった疑問の声もあります。

部活動の地域移行とは?

文部科学省が出している「学校の働き方改革を踏まえた部活動改革について」によると、教員が休日に部活動の指導を行わない環境を整備し、保護者や生徒の要望を満たすために地域の活動として実施できるようにするとしています。

休日の部活動の指導や大会等の引率は、教員ではなく地域人材が担うように移行されます。平日の学校の活動としての部活動と休日の地域活動としての部活動が綿密に連携するとしています。

地域移行のメリット

部活動の地域移行を実現することにより、生徒側にとっても教員側にとってもメリットがあります。

生徒側

  • 専門的かつ技術的な指導を受けることが出来る
  • 学校の部活動には無い競技を選択できるようになる
  • 人間関係を広げることが出来る

教員側

  • 部活動指導にあてていた時間を授業準備やその他の業務にあてたり、残業時間を減らすことが出来る
  • プライベートを充実させられる
  • 指導経験のない部活動を持つなど、ストレスが軽減できる
  • 休日に部活動指導を希望する教員は、副業登録をして地域活動として指導を行うことができる

地域移行のデメリット

しかし、地域移行にもデメリットがあります。

家庭の負担が大きくなる

部活動ではなく、地域の活動への移行となると、会費や施設利用料などがかかってくるケースもあります。また、学校外での活動となると送迎費用などがかかってくる事もあります。

十分な活動ができない地域もある

地域や競技によって、人材確保や活動場所の確保などが難しい場合もあります。技術的な指導に加え、教育者としての資質も求められ、限られた予算の中で適切な人材を集めることが難しい現状があります。

地域移行の現状

岡山県磐梨中学校のケースでは、会費と地域の人に寄付を募って、指導員の謝礼をまかなっています。

運営資金の問題や指導員の確保など、課題も多くあります。

まとめ

部活動による課題を解消し、教育の場としての役割を果たしていくために適切な形はどのようなものであるのか。学校現場だけでなく地域全体で考えていく必要があります。

参考になるサイト

スポンサーリンク
著者について
政経百科編集部
政経百科編集部
監修者
政経百科は日本最大級の政治経済解説サイトです。様々な政治経済や社会に関する情報を提供し、読者の皆さんに理解や共感を届ける情報をお届けしています
記事URLをコピーしました