【学生団体HAWとのコラボ企画】The Discussion Forum vol.1を開催しました!

hensyubu

私たちが考える学校教育の課題とは?

今回は、学生団体HAWと政経百科のコラボ企画として開催したイベントの「The Discussion Forum vol.1」の様子をお届けします!

スポンサーリンク

イベント開催概要

  • 開催日:2024年4月28日 18:30-20:30
  • 開催方式:Zoomによるオンライン開催
  • メインテーマ:学校教育の課題
  • 主催:学生団体HAW・政経百科

学生団体HAWとは?

私たちは福井県を中心に全国から集まった高校生約20名で活動しています。この団体は主に中高生を対象に「国際問題について少しでも興味を持ってほしい!」、「国際問題に興味を持っている中高生が集まれる場をつくりたい!」という思いで普段から活動しています。

主に行っている活動はインスタグラムでの発信です。ストーリーでは1週間に2回、クイズを掲載、投稿では1週間に1回、国際問題についての解説を投稿しています。その他の活動としてはまだ1度しか開催できていませんがディスカッション会やワークショップのようなものを開催していきたいと考えています。

イベントの流れ

イベント当日のタイムテーブルは以下の形になります。

  • 18:30:開始・挨拶
  • 18:40:ブレイクアウトルームでの自己紹介
  • 18:50:学校での掃除に関するピッチ
  • 18:55:ブレイクアウトルームでのディスカッション
  • 19:02:ディベート
  • 19:10:立場を入れ替えてディスカッション
  • 19:17:ディベート
  • 19:25:英語教育に関するピッチ
  • 19:30:ブレイクアウトルームでのディスカッション
  • 19:40:各ルームで出た意見の発表
  • 19:50:学力テストに関するピッチ
  • 19:55:ブレイクアウトルームでのディスカッション
  • 20:02:ディベート
  • 20:10:立場を入れ替えてディスカッション
  • 20:17:ディベート

学校の掃除を生徒自身で行うべきか

最初のテーマは、学校の掃除を生徒自身で行うべきかでした。

普段、当たり前のように掃除をしていたり、掃除は生徒自身で行うことが当たり前となっている環境で育ってきたのかもしれません。

しかし、世界的に見ると、学校教育の中で掃除をすることは珍しい光景でもあります。

学校教育の掃除についての現状の論点整理をした後、生徒自身での掃除に賛成派・反対派に別れて議論をし、その後同じテーマについて自分の立場を入れ替えて再び議論をしました。

生徒自身の掃除に賛成の立場から出た意見

  • 業者等を使うことは、費用負担が大きくなる
  • 生徒自身で掃除をすることによって、学校や道具に対して愛着が湧く
  • 掃除をグループですることによってチームワークが身につく
  • 掃除を協力して行う中で、人間関係が深まる

生徒自身の掃除に反対の立場から出た意見

  • 教員の掃除指導にかかる負担が減る
  • 衛生的に危険な箇所等を生徒に掃除させる必要がなくなる
  • 生徒が掃除以外のことに使える時間が増える
  • 業者等が行うことで、質の高い掃除ができる

英語教育の課題

2つ目に話し合ったテーマは英語教育の課題です。

果たして、日本の英語教育にはどのような課題があるのでしょうか?

ここでは、出た意見の中から一部を抜粋してご紹介します。

  • 英語の学習時間が少ない
  • 留学経験のある教師が少なく、英語レベルの低い教員もいる
  • ネイティブ英語と受験英語が乖離している
  • ちゃんと発音すると笑われる、発音することが恥ずかしいという国民性
  • 文法学習・読解演習に重点が置かれ、スピーキングをする機会が少ない

学力テスト・定期テストの必要性

3つ目のテーマは、学力テスト・定期テストの必要性についてです。こちらのテーマも、掃除と同様に賛成・反対それぞれの立場から議論しました。議論していく中で出た意見をご紹介します。

学力テスト・定期テストをやるべき立場からの意見

  • 集団の中で自分の学力の位置を知ることができ、得意・苦手を把握できる
  • 授業内容の復習の機会になる
  • 順位がつくことで、それをモチベーションに繋げられる生徒もいる

学力テスト・定期テストに慎重な立場からの意見

  • 学力テストで測れる内容が重視されてしまい、思考力等を身につける教育が疎かになってしまう
  • スポーツや芸術、音楽などの他分野での活躍よりも、学力の数値が重視されてしまう傾向がある
  • 学力テストの結果によって、過剰なプレッシャーやストレスを感じてしまう生徒もいる

まとめ

今回は、学校の掃除・英語教育・学力テストの3つの観点から、学校教育の現状を考えてみました。立場を入れ替えてディスカッション・ディベートすることで、参加された方にとって物事を多角的に考える経験になったら幸いです。

政経百科では、毎週のオンライン座談会や他団体とのコラボイベント等を開催し、様々なテーマにて考える機会を作っています。

ぜひ、今後開催される政経百科のイベントにご参加ください。

スポンサーリンク
著者について
政経百科編集部
政経百科編集部
監修者
政経百科は日本最大級の政治経済解説サイトです。様々な政治経済や社会に関する情報を提供し、読者の皆さんに理解や共感を届ける情報をお届けしています
記事URLをコピーしました